俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

団体職員はホワイトなのか?見分け方を書いてく

筆者はこれまで4回転職して、運良くまったりホワイトな団体職員として転職できました。

とはいえ団体職員=ホワイトであるかは別の話で入ってみたらかなりハードだった…という可能性も大いにあります。

 

 

今回はホワイトの団体職員として勤める筆者が選考時の見分け方を書いていきます。

 

あくまで個人の経験からの感想なので参考程度にご覧下さい。

 

結論を先に書くと「選考までのハードルが高く門戸が狭いほどホワイトの可能性が高まる」です。

 

 

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200310201437p:image

 

 

 

団体職員はホワイトなのか?見分け方を書いてく 

 

 

 

1.応募の段階での特徴

応募の段階で見受けられる特徴を書いていきます。
共通していえるのは、募集人数があまり多くない割に競合する数が多くなるため、ふるいにかけて選考しやすくしています。

 

応募時の特徴①:ネットの応募+書類郵送

1つ目ですがこれが最初の関門だと思います。
今日、インターネットの転職サイトで応募して情報も全て伝わっているはずなのに、書類の郵送も応募の条件にしているところはそれだけ応募が殺到するということでもあります。
ネットの応募だと本気で応募しているかもわからないので、郵送というハードルを上げることで実際に書類選考に進む人数を減らしています。

 

応募時の特徴②:選考の手順が多い

2つ目も少し似ている点がありますが、インターネット上で志望動機を1500字以上書くように指示があったり、過去の職務経歴を1000字以内で書くような指示があったり、応募書類と重複して更に情報を求めてくるケースが多いです。

余程志望度が高くないとやる気が起きないような分量なので、逆にいえばそこを突破すればライバルは減るということです。

 

 

www.shikabanemini.com

 

 

 

応募時の特徴③:筆記試験や作文がある

3つ目は公務員等では必須ですが、選考を厳しくするために筆記試験や作文を設けているところはホワイトの可能性が高いです。

ブラックに入社してから振り返ってみて気づいたのは「人手不足が深刻であるため選考のスパンを少しでも短くして入社させたい」という共通点でした。

人手不足のブラック企業からすると筆記試験を行っている時間があるなら面接して1回で内定を出す方が手間を省けるという背景があると考えて良いです。

 

つまり筆記試験がある=ホワイトとは言い切れませんが、筆記試験がなく面接回数が少ない=ブラックの可能性が高いと言い換えられます。

 

公務員試験にも同じ事がいえます。↓

www.shikabanemini.com

 

 

2.面接の段階での特徴

続いて面接時の特徴を書いていきます。

 

面接時の特徴①:選考の日程が決まっていて動かせない

書類選考を終えていざ面接…となった時に、仕事をしながらだと日程調整が一苦労です。

 

ホワイトの会社は人手不足というわけでも応募者が少ないわけでもないため、応募者の都合に柔軟に対応してもらえない所が多かったです。

 

実際に筆者が転職活動している時は、一次面接の日程が合わなかったため別日にしてもらえるか問い合わせても「ご縁がなかったと思って下さい」と言われてしまい無理に仕事を休んで選考を受けた事があります。

 

中途採用でも応募者が多いと2、3日に分けて一斉に試験を行ったり面接を行うという背景があるので、日程が決まっている選考ほど優先して受けに行ったほうが良いかもしれません。

 

 

面接時の特徴②:面接は堅い雰囲気

 

面接においては、圧迫のような厳しい面接というわけではなく堅い雰囲気でした。

勤続年数も長くなる為、最終に近づくほど年配の方の面接官が多くなっているケースが多いです。

 

一方、ブラック企業ほど必要以上に砕けて接してくる「アットホーム」な空気を出してきていた傾向がありました。

特に志望動機に細かく突っ込むという面接ではなく面談のような形で、居心地は良いですが悪い意味で入社してからのギャップが大きかった印象です。

 

面接の手応えでいえば全くわからないくらい堅くて事務的な方がホワイトの可能性が高いと言えるかもしれません。


面接時の特徴③:選考結果をその場で言わない

これに関しては筆者の能力にもよる可能性はありますが、ホワイトは基本的に選考結果を後日にしてきます。

理由としては「きちんと採用担当として会社内で部署が作られているため稟議にかけて結論を出す必要がある」という背景があるからだと考えます。

 

ブラック企業ほどワンマンだったり、現場の名ばかり管理職の裁量に任せて、使い捨てで辞めた人材の穴埋めを急いで採用をしているイメージです。

 

筆者の経験上、面接中に正式な内定を出してきた所はワンマンなので入社してからがキツかったです…。

 

内定を匂わす程度の会社は多いので気にしなくても良いかもしれませんが、その場での内定は要注意です。

特に仕事が無くて焦っている求職者はつい仕事に就ける安心感から内定を受諾してしまいそうになります…。

 

 筆者の転職活動した体験談はこちら↓

 

 

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

 

www.shikabanemini.com

 

 

 

 
3.今回の屍ポイント

以上のように、ホワイトの特徴を応募時と面接時にわけで書いてきました。

まとめると

  • ネット応募+書類応募
  • 選考の手順が多い
  • 筆記試験や作文がある
  • 面接の日程が決まっていて動かせない
  • 面接は堅い雰囲気
  • 選考結果をその場で言わない

となります。

 

とはいえ、全て当てはまるわけではないので参考程度にお考えください。

例えばベンチャー企業はトップダウンでスピーディーな決断ができるのが良いところなので、上の条件は当てはらまないですが勿論ホワイトの可能性もあります。

 

筆者は筆記試験や作文が苦手な事もあり、そういった会社を避けて就活や転職活動をしていましたが、簡単に入社できる会社よりもハードルを越えて入社する会社の方がキチンとした人が多いという事にようやく気づきました。

 

ハードルを越えればライバルも少なくなるので逆にチャンスだと考えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。