俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

副業はバレる?バレない?筆者が副業をしない3つの理由

筆者は薄給まったりの会社に勤めて1年以上が経過しました。残業がなかったり休日が多かったりする反面、給与が少ないため時間があっても遊ぶお金がないため暇になってしまうという欠点があります。

 

また、生活レベルを上げたくても昇給が微々たるものであるため上げられず、不満を覚える瞬間があります。

 

そうなると一度は副業をしよう!と思って色々調べるのですが、結果的に筆者は副業をしないという選択をしました。

 

今回はそれに至った経緯を3つの理由を共にお伝えします。

 

今回の結論を書くと「現在の会社で成功を目指すのが一番の投資」です

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200228073638p:image

 

副業はバレる?バレない?筆者が副業をしない3つの理由

 

 


1.筆者が副業をしない3つの理由


筆者が副業をしない理由は3つあります。

 

理由①:まだまだ日本企業の体質は根強い

一つ目の「まだまだ日本企業の体質が根強い」
という点ですが、

大手企業や外資であれば副業がOKという風潮もありますが、逆に言えば「終身雇用制度がなくなる代わりに自分で稼ぐ術を見つけて下さいね」という意味でもあります。

実際に大手企業の40代・50代の管理職がリストラ要員になっているニュースを見かけます。


しかし、まだまだ副業を禁止している会社は多く、その理由は「本業を疎かにせずに集中して欲しい」という考え方があるからです。裏を返せば、会社に尽くせば会社が定年まで面倒を見るということになります。(使い潰すブラック企業のような例外もありますが、そんな会社では副業をする余裕もないはずなのでここでは除外します)

 

終身雇用がなくなりつつあると言われますが、そもそも人手不足や狭い業界の中小企業が人員を削減しても補充が追い付かない背景があるため、向こう数十年は実質終身雇用や年功序列が続いていくと考えます。

 

最近では特に「AIに仕事が食われる」といいますが、昔もコンピューターが普及したら無駄な単純作業の仕事はなくなると言われていました。ただ、パソコンを使用するという単純作業の仕事は無くなっていないことを見ると明らかだと思います。

 

表計算ソフトで10秒あれば終わる仕事を手動で丸一日かける社員は必ずいますよね。

 

理由②:社内の信用を失うと会社内で給与が上がらなくなり結果的に損になる

 

2つ目の「社内の信用を失うと会社内で給与が上がらなくなり結果的に損になる」
という理由ですが、

副業をすると当然収入が別で発生し、住民税の金額も変わってきます。
ばれないように「住民税を普通徴収にすれば会社に知られない」という方法もありますが、小さい会社だとそんな事を言い出す人間は明らかに怪しいです。

疑惑の目で見られながら副業を続けるよりも本業で頑張る方が得策です。
万が一、副業禁止の会社でバレたら評価は著しく下がり、出世から遠のき結果的に生涯賃金が下がることは避けられないでしょう。

 

 

理由③:リスクを負う投資は時間も損失する

 

3つ目の「リスクを負う投資は時間も損失する」という理由は、この場合は株式投資やFXなどの投資に当てはまります。

 

こういった投資は得をしている人がいる一方で損をしている人が必ず出てきます。

専門の人が本気で取り組んでいる中に片手間で素人が突っ込んでいってすぐに勝てるとは思えません。


筆者の会社でもFXでこっそり儲けていて勧めてくる人がいますが、定期収入ではない以上はリスクが伴います。また、失敗した時にお金だけでなくそこにかけた時間も損失に含まれるため注意が必要です。

 

2.考え方を変えてみた

そこで筆者は考え方を変えて毎日を過ごすことにしました。
会社内で評価を上げたり、会社で使えるスキルを身につけたり、といった風にベクトルを変えて努力していく方向で考えています。

 

もちろん、頑張っても給料が上がらないし出世できないという会社もあります。
その場合は副業云々よりもまずは給料の良い会社に転職を考えた方が良いと思います。

 

転職関係の記事はこちら↓

 

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

 

 

 

また、単純労働のアルバイトは時間を安い時給で切り売りすることになるためお勧めしません。


スキルが身につかないばかりか時間的な制約が増えて本業にまで支障が出かねません。


3.今回の屍ポイント


以上のように、薄給でも副業をおすすめしない理由と発想の転換についてお話しました。

 

まとめると

  • 日本企業の体質が根強い
  • 会社内の信頼を失う
  • リスクを負う投資は時間も損失する

というのが理由となります。


副業はあくまで「副」なので、主たる仕事で結果を出したり立派にこなす方が重要ではないかと考えます。特に副業を禁止している会社でリスクを冒して収入を増やそうとするのは本来の立場を危うくすることもあります。

 

今の会社に不満があれば転職をおすすめしますが、不満がないというのであれば現在の会社で成功を目指すのが一番ローリスクハイリターンな投資だと思います。

 

副業をして当たり前と言われ始めている今日ですが、本当に副業が必要なのかを考えていただければと思います。

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。