俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

新卒カードを3日で捨てた体験談とその後

日本の就職活動において最重要なのはスタート、つまりは新卒採用です。

 

大学進学率が高く、新卒重要視する企業が多い日本においては新卒での就活の特別さから「新卒カード」と揶揄されているようですが、それだけ新卒カードは重要なんですね。

 

今回は「新卒ですぐ辞めてしまった私の経験」と「その原因」について書きます。

 

今回の結論を先に書くと「新卒カードを捨ててもリカバリーは十分可能」です。

 

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224154411j:image

 

 

 

新卒カードを3日で捨てた体験談とその後

 

1.そもそものスタート地点と準備不足

私は3流文系私大の卒業で、日本中で一番多い「どこにでもいる大学生」でした。

いや、サークルにも入らずバイトを少しする程度の暗めの大学生でした。

 

やりたい仕事などなく、学生時代に打ち込んだことがあったわけではない私はぼんやりと志望していた業界の会社を全落ちし、「文系だから営業しか選択肢がない」と決め込んで、小さい部品のメーカーの就職説明会に行きました。

 

ホームページはふた昔前くらいの古いホームページで、企業情報などインターネットに載っていないような中小企業でしたが、「扱っている小さい部品のシェアが日本でトップクラス」や「あの○○重工にも部品を提供している」など大手メーカーのコバンザメのような言葉に魅力を感じていると思い込み、面接を受けることにしました。

 

大した企業研究もせず、世間話のような面接を受け、「うちは営業だけどノルマも目標もないから。残業もないしいい環境だよ」「従業員は家族だと思っているから大切にしている」「製品をたまに運んでもらうこともあるけど重たい物はないから」という歯の浮いたような話を真に受け、入社が決定しました。

この段階で、同じ業界のことを調べたり同業他社を受けて比較するなりできたはずなんですが、圧倒的な準備不足ですね。

 

2.そして新卒カードを捨てました

留年した大学を卒業していざ入社!と自分なりにパリッとスーツを着て始業時間の20分前に出社しましたが、第一声から「明日から現場で商品のこと覚えてもらうから8時には着て作業着に着替えてね」と社長に言われ、ポカーン状態。

 

メーカーの営業だとあるあるというか、商品を覚えないと営業もできないからありがちな話・・・というのを帰りの電車で調べて凹んだのを覚えています。

 

翌日から8時より早くに出勤するも、朝が早い現場仕事の方々はもうすでに始業。

明らかに「なんで新入りがこんなに遅いんだよ」という顔をされ、いざ現場の出荷作業に入れてもらうと、めちゃくちゃ重い金属製品を箱に詰め一日中運ばされるという地獄の重労働が待っていました。もちろん残業2時間付きで。

 

学生の時も日雇いで什器の搬入や荷物の仕分けといった肉体労働系のバイトはしてきましたが、その比になりませんでした。

中身の詰まった密度の高い金属製品は見た目以上に重たいんですね。

 

2日目にして腰が悲鳴を上げ、機械油まみれになり、大卒ではない現場仕事の先輩方に嫌味を言われ続け心が折れそうになっていました。

そして、唯一顔なじみの部長(人事も兼務していた)に挨拶をして帰ろうと壁を見たらべタな「営業ノルマの棒グラフ」があったのでした・・・。

 

話が違うじゃねーか!と思ってももう入社してしまえばあちらのものです。

ノルマに関しては分からないですが、入社前に残業があるかくらいはこっそり会社を見に来ればわかる話でしたね。

世間知らず過ぎて笑えてきます。

 

そしてその帰りに思いました。辞めちゃおうと。

 

3.新卒カードを捨てた後

 

高校までの私だったら辞める勇気も発想もなかったですが、大学を留年したことで世間の考えているレールのようなものから外れた自覚があったので割とスパッと決断しました。(別に次のアテがあったわけではないです。)

ただバックレる勇気はないのと、親に何か言われるのは面倒だったので、元々あまりよくなかった腰(辞める時は本当に悪化してました)の通院をするという理由で欠勤し、それを数日続けて辞める旨を伝えました。

 

ここでのポイントは、きちんと診断書を書いてもらい、対面で辞める旨を伝えたことです。日本で働く以上、雇用保険の履歴は誤魔化しようがないので、手続きはきちんと踏んだ方が良いです。もちろん、後から知ったことですが。

 

ちなみに、筆者は新卒カードを3日で捨てましたが結果的にはその後に形勢を立て直すことはできました。私が優秀なのではなく、年齢が若ければリカバリーはしやすいということですね。

ですので、新卒で辛い思いをされている方は、辞めろと勧めはしませんが、視野を広く持って自分を追い込まないでください。

 

新卒カードを失って挽回した筆者の体験談はこちら↓

 

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

 

4.今回の屍ポイント

今回のポイントをまとめると

  • 新卒で失敗した原因は圧倒的に準備不足
  • 社会人の口約束は真に受けてはいけない
  • 辞める時は次のステップまで考えて
  • 新卒カードを捨てても「人生終わり」じゃない

 となります。

 

筆者は新卒カードを捨てたばかりかその後も転職しまくってなんとか生きています。

新卒カードがなくなったから人生詰んでしまったと考えるのではなく、沢山の選択肢を模索して立て直す方法を見つけましょう。

年齢が若ければ若いほどリカバリーする時間も多いですし未経験の業種からでも採用されれる可能性はあります。

 

 

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。