俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

退職してから転職した経験談を書いてく

筆者はこれまでに数回転職していますが、その中の1回は経営者からのパワハラに耐えきれずに退職し、そこから転職活動を行うという形になりました。


今回はその時の転職活動の経験談を書いていきます。


もし今の職場にいるのが限界ですぐにでも辞めたいと思っている方の参考になれば嬉しく思います。


結論を書くと「退職してからの転職活動の成功率を上げるにはお金が必要」です。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200226071048p:image

 

 

退職してから転職した経験談を書いてく

 

1.辞めてから転職するに至った原因

本来であれば在職中に転職活動をして、引き継ぎを終えて新しい職場に移るのがベストな転職方法です。

しかし、中には忙しくて転職活動できない場合もありますし、精神的に疲弊していて先の事を考えられずに職場を離れるというパターンもあります。


筆者の場合は後者でした。せっかく転職して入った会社だったので簡単に辞めてたまるかという思いと、小さい会社であるが故の経営者からのパワハラで精神的に参っていました。

パワハラの詳細は差し控えますが、その日の気分で言いがかりをつけて罵倒したり他の従業員全員の前で謝罪を要求される、勤務外に私用を押し付けられる、など零細企業だからこそ起こりうるハラスメントでした。


試用期間は半年でしたが、その間も「辞めるわけにはいかない」と「パワハラの恐怖」との狭間で揺れていました。

そして、試用期間を終えて正式採用となる直前に正当な理由もなく叱責をされ正式採用の取り消しをちらつかされた時に心が折れたのでした。

 

www.shikabanemini.com


2.退職後の転職活動のメリットデメリット


退職してから転職活動をすることによるメリットを考察していきます。

 

メリット①:選考スケジュールを合わせやすい

特に転職活動の面接は急に日程が決まることが多い為、スケジュールに余裕があると先方の希望日程に対応することができスムーズな転職活動を行うことができます。

 
有給を取りづらい職場やシフト制の職場だと融通が利かずに面接日程の調整も大変だったりするのでじっくり腰を据えて臨みたい方には合っているかもしれません。

 

メリット②:求人を吟味したり志望動機を練ることができる

応募の時点でしっかりとした志望動機を求めてくる会社も少なくありません。

時間がないと上辺だけの薄っぺらい志望動機を書いてしまうことになりがちですが、しっかりと志望動機を練ってどこを突っ込まれても問題のない状態にできれば他の応募者よりも有利だと言えます。

 


デメリットも考えてみます。

 

デメリット①:お金がなくなることで焦る

転職活動は人生の選択ですが、お金と時間との戦いでもあります。

充分な貯金がない状態で仕事を辞めて転職活動をしても書類選考で落ち続けたり一次面接で落ち続ける可能性はありますし、そもそも自分が本当に希望する求人が出ていない可能性もあります。どれくらい時間がかかるのかはわからないです。

 
また、求人が更新されるのは各サイトでも多くて週に2回程度であり、その間も毎日生活していかなければなりませんからジリジリとお金がなくなっていく焦りや恐怖感に負けそうになります。

 

デメリット②:空白期間

一旦仕事を辞めて転職活動していると決まらない期間が空白期間になってしまいます。

1ヶ月や2ヶ月程度であれば転職活動が理由になりますが、半年程度空き始めると正当な理由も必要ですし空白期間が足を引っ張り始めます。

 

デメリット③:面接で突っ込まれる

面接の際に「なぜ退職してから転職活動をしたのか」を聞かれることがありました。

筆者の場合は正直に「前職では転職活動に充てる時間がなかった」と答えて乗り切りましたが、面接官によっては無計画な人物かもしれないという疑念を抱くポイントなのでネガティブに取られない自分なりの理由をしっかりと答えられるようにしておきましょう。

  

www.shikabanemini.com

 

www.shikabanemini.com

 
3.筆者の失敗パターン

 筆者の失敗パターンはお金がない焦りから「本当に希望する仕事に就く」という目的から「早く内定をもらう」という目的に知らず知らずのうちにすり替わってしまったパターンでした。

 
なんとかギリギリで志望していた業種に転職できましたが、後ひと月で貯金が底をつく状態でした。

お金に余裕がなくなると普段の生活や態度まで余裕がなくなってしまうので面接に不利に働く可能性が高いです。また、書類選考で落ちるだけでも焦燥感に駆られてしまい負のスパイラルに陥ってしまうことが考えられます。

 

可能であれば会社を辞める前にゆっくりでいいので転職活動を始めることをお勧めします。

転職活動をする事で自分の市場価値が分かる事もあり、「やっぱり転職しなくていいや」と思い直すこともできます。

 


転職を始める時期ですが、個人的にはいつでも良いと思います。

求人が多い時期というものはありますが、その分求職者も多くなりがちです。 


現在の仕事と並行して水面下で書類選考を受け始めて本命の会社が現れるまで面接の練習をする……というのが一番効果的な転職活動だと思います。

 
ただ、筆者のようにハラスメントを受けて精神的に厳しい状態の方は無理をせずにゆっくりと立ち止まる事も必要だと思います。

仮に逃げたと誰かに言われたとしても間違った選択ではないです。

その後の転職活動は難航したものの、個人的には辞めてよかったと心から思っていますし数年経った今でも全く後悔はしていません。

 
やむを得ず辞める場合でも、お金の工面だけはきちんと決めておきましょう。

 

4.今回の屍ポイント

今回は退職後に転職した経験談を書いてきました。

まとめると

  • 退職後の転職活動は時間はあるが結局「お金」が必要
  • 面接では質問される可能性が高い
  • ベストなのは仕事と並行して準備を進めること
  • 精神的に厳しいなら逃げ出すことも選択肢の一つ
  • お金の工面だけは決めておくこと

となります。

 

逃げることは決してダメな事ではないです。

今苦しんでいる方も一歩踏み出せばきっと良い道が拓けると思います。

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。