俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

ジャランスリワヤの修理の値段は?かかと、つま先などパーツ別にレビュー

ある程度のお金を革靴にかけると、履き潰さずに修理して履き続けることが推奨されます。

 

今でこそ合皮の、安く買えて見栄えもそこそこの靴が買えますが、昔はそういった技術がなかったので本革の靴をメンテナンスしながら履くのが当たり前でした。

 

英国の靴を見てみると、修理して長く履くことを前提として頑丈に作られています。

 

筆者は元々ファッションが大好きで御多分に漏れず服だけでなく靴にも関心を持つようになりました。

 

就職したての時は実家暮らしでお金があったので10万円を超える革靴も数足持っていましたが、今はそれらは手放してジャランスリワヤの靴を大切に履いています。

 

www.shikabanemini.com

 

 

今回は1年間ジャランスリワヤの革靴を履いて修理に出したらどれくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

 

今回の記事を一言でいうと「通常使用ならつま先とかかとで6000円、かかとの内側の補修も入ると13000円程度」です。

 

ジャランスリワヤの修理の値段は?かかと、つま先などパーツ別にレビュー

 

 

 

1.ジャランスリワヤのどの靴でどの程度の頻度使用したか

 

ちょうど1年くらい前に転職を機にジャランスリワヤのダブルモンクストラップを購入しました。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224152526j:image

 

ジャランスリワヤはインドネシアのメーカーで、創業者がイギリス靴の製法とフランスの皮革の生産を学んだ経緯があり、本格的な造りでありながら価格帯は3万円代〜とお求め安い価格になっています。

 

日本のメーカーのリーガルは有名ですが、リーガルと同価格帯で買うことができ、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップで扱っていることから人気のメーカーです。

 

実際に私が購入したのはこちらのダブルモンクストラップでカラーはブラックです。↓

 

 

 

週に3日程度の頻度で、電車通勤片道1時間という条件履いていました。職場では履き替えるので1日2時間程度です。

 

一日中履いて外を歩き回る営業マンのような方はもっと摩耗するかと思います。

 

2.修理の値段と修理箇所と期間

 

修理前の写真を撮っておけばよかったのですが、新品購入時と比較してつま先と踵、腰裏(踵の当たる内側部分)の磨耗とステッチのほつれが見られたため、3箇所の補修となりました。

 

お願いしたのは日本橋三越本館2階にあるシューズリペアカウンターです。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224160815j:image

 

少し見づらいですが、内訳を書き出しますと

つま先ラバー補修 2200円

カカトダイナイトヒール 3700円

腰裏+テーピング 7000円

 

合計 12900円

税込 14190円

となりました。

 

これまでもつま先と踵に関しては補修したことがあり、7000円あれば問題ないだろうと思って見積もりを出したところ腰裏の補修箇所が見つかり痛い出費になりました…。

 

本体価格が3万円程度なのに1万5千円も出して補修するのはどうなのか?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、考え方によってはイニシャルコストを抑えてランニングコストだけで長く履き続けられると考えれば納得できました。

 

以下に参考画像を添付しておきます。

 

汚い画像ですみません…。

つま先と踵を募集しています。

踵に関してはダイナイトヒールの交換で新しいものになっています。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224145437j:image

 

腰裏ですが、元々起毛素材が使われているため起毛素材での補修となっています。

少し暗めの色になりましたが目立つ箇所ではないので満足です。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224145457j:image

 

外側の縁のテーピング処理も綺麗にされています。

シューホーンを必ず使用していますが1年間履き続けるとどうしても傷む箇所のようです。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200224145508j:image

 

 

流石に10万円クラスの革靴と比較するとアラは目立ちますが、僕には分相応だったようです。

 

ハンドーソンウェルテッド製法なので足に馴染んでおりこれからも履き続けていきたい靴です。

 

靴関連の記事はこちら↓

 

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

 

3.今回の屍ポイント

今回は革靴の修理をテーマに書いてきました。

まとめると

  • つま先と踵の補修なら6000円程度
  • 腰裏の補修は7000程度かかる
  • ジャランスリワヤは高コスパで長く履ける

となります。

 

ジャランスリワヤは本格的な造りの割りに値段が安いため人気ですが、修理しながらでも履き続けていきたいと思わせるクオリティーの靴だと感じました。

 

使い捨てるのではなく、長く履くことを前提に靴を購入されるのをおすすめしたいです。

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。