俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

リーガルの革靴をガチで7年ヘビロテした結果と感想

筆者は革靴が好きです。

 

元々親が革靴好きだったこともあり、家の中には沢山の方があるのが当たり前でした。

 

そんな環境で育った私も革靴好きになり、スーツを着始めた時からきちんとした革靴を履き、手入れをするようになりました。

 

巷では本格的な靴の入門として「3万円〜」という目安があります。

これはきちんとした製法で作られており、革質も最低限長く使えるという基準をクリアしているということだと思っています。

有名な日本のメーカーの「リーガル」もこの辺りの価格帯のものが多く、靴の事をよくわからない筆者は購入して愛用していました。

 

今回は3万円代のリーガルの靴を週2〜3ペースでヘビーローテーションしていた靴の結果と感想を書きたいと思います。

 

結論を書くと

一生物としては使えないが、ある程度割り切って5、6年で履ければ優秀なコスパ

ということです。

 

他の靴関連の記事はこちら

 

www.shikabanemini.com

  

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

www.shikabanemini.com

 

 

 

リーガルの革靴をガチで7年ヘビロテした結果と感想

 

 

1.実際の使用頻度と手入れ

筆者が購入したのはリーガルのプレーントゥの黒でした。

百貨店で3万円程度で購入しました。

 

 

同じ型番の物は見つかりませんでしたが、こういったシンプルなタイプで

リーガルお得意のガラスレザーではなくスムースレザーで、底はレザーソールではなく合成底というゴム素材でした。

 

使用頻度は週2回~3回で、日中も常に履いていたので1日9時間は着用していたことになります。雨の日も基本的には気にせず着用していました。

手入れ方法は帰宅して翌日の朝にシューツリーを入れて、帰宅したらブラッシング。シューツリーを抜いて1日陰干しというサイクルでした。

月に1回程度クリームを入れてケアを行っていました。

 

2.修理箇所と修理費用

7年履いていましたが、ヒールパーツの交換が1回、腰裏(かかとの内側)の補修が2回、インソック(足裏のブランド名が書いてある箇所)の交換が2回でした。

修理費用は大まかですが合計で15000円程度です。

 

他のメーカーに比べてヒールやソールの耐久性が高かった印象です。

インソールや腰裏に関しては、私の足汗が多いこともあり交換を余儀なくされた経緯があるため使用頻度や体質によってはここまで交換しなくても使用可能だと思います。

 

3.オールソールをするか否かの分かれ目

グッドイヤーウェルト製法の靴なので、オールソールをして靴底を張り替えることも可能でしたが、オールソールしませんでした。

その理由は

  • 7年履いて表面の革の部分の傷が隠せないほどだった
  • 靴の内側が汗を吸ってボロボロだった
  • 壊れてはいないものの革がヨレヨレになってしまった

ということが挙げられます。

これまで1万円~10万円の靴を購入してきましたが、一番の差は「耐久性」だと感じました。

特に革の部分の傷や革のヨレ具合は顕著でした。

10万円クラスの靴は柔らかく馴染んでもハリがありますが、3万円台の靴は柔らかくなったら劣化していく一方という印象でした。

※革の当たり外れや使用頻度にもよります

 

これらの状況から、2万円近くお金を出してオールソールするのは得策ではないと判断しました。

 

10年履いているトリッカーズの記事はこちら

 

www.shikabanemini.com

 

 

 

4.今回の屍ポイント

まとめると

  • 3万円代の靴は一生履くことはできないがコスパは良い
  • 愛着があればオールソール等もできるが耐久性の問題が出てくる
  • メーカーの利益を考えると新品購入も選択肢になる

となります。

 

やはり国産のメーカーなので耐久性や信頼感は抜群でした。

また、足幅が広い日本人に合わせてサイズ展開しているため海外のメーカーよりもぴったりと合うイメージでした。

 

国産メーカーだから良いとは一概にはいえませんが、自分の足にフィットするメーカーを見つけるとそれまで履いていた靴が嘘のように歩きやすくなります。

 

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。