俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

メンズミニマリスト愛用の時計を書いてく

筆者は今はミニマリストで所有している時計は一本だけですが、学生時代にそこそこ高額な時計を扱うお店でアルバイトしていたこともあって興味を持ってしまい社会人2年目3年目くらいに時計に散財していました。

結局時計沼にハマってしまい、売り買いを続けて合計で数百万円を使ってしまいました。

 

高級取りの方からすれば大した額ではありませんが普通のサラリーマンだったので周りからすると狂気の沙汰だったと思います。

 

それくらい時計が好きで堪らなかったのですが一人暮らしを機に、実家暮らしとは違いお金に余裕がない事やミニマリストに目覚めて全て手放して残った経緯があり、今ではこの一本だけを大事にしています。

腕時計であれば仕事にも着けていくことができますし、修理すれば使い続けることができるので少し値が張っても気に入ったものをつけるようにしています。

 

今回の結論を先に書くと「ミニマリストはシンプルなビンテージの機械式時計を愛用」です。

 

ミニマリストあるあるのジョブズの愛した時計…だとかApple Watchではありませんが愛用の時計をご紹介します。

 

メンズミニマリスト愛用の時計を書いてく

 

1.ミニマリスト愛用の時計のレビュー

筆者が愛用している時計は「TUDOR(チュードル)」のビンテージの「RANGER(レンジャー)」というモデルです。

ざっくりとご説明すると、チュードル(チューダー)は元々はロレックスのディフュージョンブランドでロレックスのパーツを使用しながらもムーブメントを汎用機にすることで廉価版として差別化を図り、知名度を高めるという役割があったブランドです。

年代によってロレックスの王冠マークのリューズやブレスレットを共通で使用しているもの、チュードルの盾のマークが入ったものを使用している個体があります。

 

このレンジャーはロレックスの「エクスプローラーⅠ」のチュードルバージョンで、シンプルなデザインで視認性が良くエクスプローラーⅠにはないデイトが付いているのがお気に入りのポイントです。

仕事上日付を確認することが多く、デイト付きの時計に慣れてしまった今ではノンデイトの時計は着けられなくなってしましいました。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200408201406j:image

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200515202909j:image

 

本家のロレックスのエクスプローラーⅠもミニマムで完成されたデザインなので、日付機能が不要な方にはおすすめです。

 

 

現行のチュードルでもレンジャーというモデルは存在しますが、あくまで復刻モデルなのでケースサイズやデザインは現代に溶け込みやすいようにモディファイされています。

 

 

筆者が所有しているのは70年代頃のレンジャーで、文字盤はリダン(修復)されています。(トリチウムにしては黄ばみが少ないのでそう思っています)

コレクターの方からすると言語道断かもしれませんが、美観を損なわないリダンですし自己満足の世界なので個人的には気に入っています

 

流石に50年近く前の時計なので、風防はプラスチックで巻きブレスはヨレヨレ、防水性も発売当時に比べると心許ないですが、それ以上にデザインの良さや軽快さに惹かれて購入してしまった経緯があります。

巻きブレスはシャカシャカペラペラなのにしっとりとした質感でフィット感が抜群です。

  

他の同年代のヴィンテージウォッチに比べるとねじ込み式リューズであるので防水性においては多少の安心感はありますが生活防水程度と考えています。

 

春夏はブレス、秋冬は革バンドで楽しめるデザインなので飽きが来ず、ケースサイズは34㎜で小ぶりですが筆者の細腕にマッチします。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200906124924j:image

 

 

2.色んな時計を買って気づいたこと

 

元々時計が大好きだったこともあり、学生時代から数十万の時計を無理して買い始めて、社会人の2年目には雲上と呼ばれるブランドが欲しくなりエントリーラインの中古を大枚叩いて購入したこともありました。

しかし修理の代金を見た時に高級な物は無理して買うだけでなく当たり前にメンテナンス費用を払える人にこそ相応しいものだと気づかされました。

数百万円の時計を買うとちょっとした修理で数十万円は軽くかかってしまいます。

 

それに気づいた時に目が覚めて数本以外は売ってしまい、ミニマリストになってからは一番好きな時計だけを残して直しながら大切に使っていこうと決めました。

時計に限った話ではありませんが自分の身の丈やライフスタイルにマッチする物を持つのが一番ストレスフリーで気持ちが良いです。

 

www.shikabanemini.com

 

3.今回の屍ポイント

今回はミニマリストが愛用している時計を書いてきました。

まとめると

  • 機械式のビンテージを愛用
  • 身の丈やライフスタイルに合うかが重要
  • 機械式は直しながら長く使える

となります。

 

腕時計は装飾品でもありますが、仕事において欠かせないツールでもあります。

毎日使う物なので自分の一番好きな時計を見つけると幸福度が上がるのでおすすめしたいです。
 

www.shikabanemini.com

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。