俺の屍を越えていけ!!!

ミニマリスト×団体職員の筆者が人生の失敗や経験を書いて誰かの役に立ちたいブログ

ジャランスリワヤのサイズ感の比較とレビューを書いてく

筆者はジャランスリワヤのストレートチップとダブルモンクの靴を愛用しています。

 

過去にはそこそこ高額な革靴も沢山購入していましたが、転職に失敗して金銭苦に陥ってしまい手放した過去があります…。

 

今となっては身の丈に合った(それでも安い買い物ではないですが…)よい靴のチョイスが出来ていると感じています。

 

今回は、過去に履いた靴との比較からジャランスリワヤのサイズ感を書いていきます。

ネット通販しか選択肢がない方も参考にしていただければと思います。 

 

ジャランスリワヤを愛用する理由はこちら

www.shikabanemini.com

 

 

今回の結論を先に書くと「造りが大きめでインソールの沈み込みも顕著なので他の革靴よりワンサイズ下、スニーカーならワンハーフ下を推奨」です。

 

 

ジャランスリワヤのサイズ感の比較とレビューを書いてく

 

 

 

1.二足のラストの比較と筆者の失敗

 

冒頭にも書きましたが、筆者はストレートチップとダブルモンクの二足を履いています。

しかし、二足それぞれラストが異なるのでサイズ選びに迷いました。

前提として、ZOZOMATで計測したところ筆者の足長は24.3cmとのことです。

 

www.shikabanemini.com

 

大体のサイズは25センチで甲高といった特徴があります。

これを踏まえた上でご覧いただくとわかりやすいかもしれません。

 

  • ストレートチップ

ストレートチップのラストは98321です。

 

少しシャープなラストですが適度な丸みがあり合わせやすいです。

踵のフィット感はどちらかというと大きめで、個人的にはフィットしました。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311083532j:image

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205058j:image

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205101j:image

 

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205105j:image

 

汚い画像ですみません…。

割とオーソドックスなラストだと思うので活躍間違いなしだと思います。

 

履いているのは7.5Dですが、結論から言うと少し大きいです。

ジャランスリワヤの靴はコルクの沈み込みが想像よりも大きく緩くなりました…。

 

筆者の写真を見ると羽根が閉じ気味なのでこれからさらに緩くなってしまいそうです。

 

  • ダブルモンク

 

二足目のダブルモンクのラストは98374です。

 

特徴としてはバランスの良い形で、靴の仕様の違いもあるかもしれませんが甲の高さが少し低く、筆者はこちらの方がしっくり来ています。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200312081206j:image

 

一足目のストレートチップが想像よりも沈み込みサイズ感が変わったので、試着の段階でハーフサイズ落としてかなりタイトな7Dを買って履き慣らしていくと今では抜群にフィットしました。

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205146j:image

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205150j:image

 

f:id:shikabanewokoeteyuke:20200311205210j:image

 

 

 

二足とも最初は足入れが難しいくらいのタイトフィッティングで選べばいい塩梅で馴染む靴だと思います。

あまりタイトフィッティングに馴染みのない方からすると履いているうちにかなり緩くなる事が予想されます…。

 

また、筆者は二足ともダイナイトソールの仕様のものを選んでいるので馴染むまで約2ヶ月かかりましたが、レザーソールであればもう少し早くフィットするはずです。

 

1年間履いて修理に出した記事はこちら↓

 

www.shikabanemini.com

 

2.他のメーカーとの比較

 

わかりやすい指標として他のメーカーとの比較をしていきます。

 

あくまで個人のフィット感の主観なので参考程度にしてください。

通販で購入される場合は返品交換可能なお店で買われることをお勧めします。

 

 

 

比較①:J.M.WESTON →ほぼ同じサイズ感

 

筆者が大好きで履いていたJ.M.WESTONのローファー、641ゴルフで比較すると、サイズ感は同じくらいだと感じました。

全体的に大きめの造りだったのでJ.M.WESTONで7Dで購入していたら7Dでよいと思います。

 

J.M.WESTONはCウィズなどもありますが、筆者はDウィズがぴったりだった事も起因していると思います。

 

比較②:Alden→少し落とす必要あり

筆者はオールデンのバリーラスト、バンラストの二足を履いていた事があります。

 

バリーラストは8D

バンラストは7.5D

でした。

ジャランスリワヤが7Dでピッタリだったのでハーフサイズからワンサイズ落とされる事をお勧めします。

 

比較③:REGAL→EEE25.5が近い

 

同じくらいの価格帯が多いリーガルで比較すると、ウィズEEEのものを25.5をジャストで履いていました。

(リーガルのラストに関しては詳しくないのでおおよそのサイズ感と思ってください)

 

3足ともラストはバラバラでロングノーズのものもありましたがサイズ感は近かった印象です。

 

比較④:【番外編】ブーツ、スニーカー

 

ブーツとスニーカーのフィッティングとは大きく変わるので参考にならないかも知れませんが、一応書きます。

 

REDWING875→7.5D

 

New Balance1400、996、574は27cm(全てDウィズ)

 

コンバースオールスター、ジャックパーセルは27.5cm (Dウィズ)

 

特にスニーカーと比較するとワンサイズ以上落とした方が良いと感じました。手持ちのスニーカーと比較して購入しようとされている方は注意が必要です。

 

トリッカーズのレビューはこちら

www.shikabanemini.com

 

 

 

 

3.今回の屍ポイント

 

今回のポイントをまとめると

  • ジャランスリワヤは大きめの造り
  • 履き始めてからの沈み込みも考慮
  • 他のメーカーよりもサイズを落とすのを推奨
  • スニーカーはさらにサイズを落とす事を推奨

となります。

 

革靴のフィッティングは正解が見えないところもあるので一概には言えませんが、ジャストで履いた時の包まれている感覚や空気がシュポッと抜ける感覚の心地よさは何事にも変えがたいものがあります。

 

ジャランスリワヤは高級な価格帯の靴と比較すると見劣りするのは否めませんが、値段以上の質感は感じられます。

庶民の自分にとっては大事な靴なのでこれからも手入れをしながら履いていこうと思います。

 

ジャランスリワヤを検討されている方の後押しになれば嬉しいです。

 

 

誰かの何かのお役に立てれば幸いです。